記事トップ

EAT&DRINK 2019.09.12 細井 悠玄

龍大OBが行く、龍大付近のランチ名店巡り~後編~

深草エリアにあるランチの名店をぶらり巡る本企画。

前編では老舗の定食屋から今話題のラーメン店まで幅広くご紹介しました。後編は深草エリアに点在する中華料理店に絞ってご紹介します。

一口に中華と言っても、それぞれが個性的で全く異なる魅力を持っているのでぜひご覧下さい。

1.中国料理 西海

深草エリアで昔から愛される中華の実力店。名物は皿うどんですが他のメニューも絶品揃いで、ランチだけでなく深夜食堂としても人気です。
昔ながらの味のある店内は妙に落ち着きますし、手際の良い職人さんの鍋振り姿はつい見とれてしまうほど。オーダーから料理が届くまでの時間も短いので、せっかちな私には非常にありがたい。

師団街道沿いで一際存在感を放っています。

まずは定番の皿うどん(700円)から。エビ、タコ、キャベツ、ちくわ、豚肉、ネギなどかなり具沢山。野菜も多いので実は結構バランスの良い料理です。
麺のパリッと感に程よいとろみの餡がかかることで、強弱のはっきりした食感を実現。
もやしも凄くシャキシャキしていて良いアクセントになっています。
時間が経てば麺がやわらかくなってまた違う味わいになりますが、それもまた良し。

こちらも学生に大人気のボリューム満点の肉丼730円。
中華の丼ぶりといえばJR二条駅近くの「大鵬」のてり丼が有名ですが、こちらの肉丼も侮れません。
とにかく肉と玉ねぎの量が多い。甘みのある玉ねぎは肉の味を邪魔せず、甘辛いタレと共により豊かな味わいに昇華していて、これだけでもご飯がいくらでも食べられます。

久しぶりに来ましたが、やはりどれを食べても間違いないお店です。

2. 中国料理 新華

龍谷大学の東側、京阪深草駅へ向か道沿いにあるこちら。山東省出身の店主による本場テイストの中華がいただけます。中でもおすすめなのが自家製皮で包む餃子です。

中国出身の店主らしい内装です。京都の大衆中華はこちらのような本場のものと、日本人向けにアレンジした京都風中華があり、京都人は好みや気分によって自然と使い分けているのです。

水餃子は2種類あり、こちらはフェンネル水餃子6個500円。
手作りしている皮は歯切れがよく香りも豊か。

中はこんな感じで肉汁たっぷりの美味しい水餃子です。
ちなみに焼き餃子は夜しか頼めないのでご注意下さい。

ランチタイムはおすすめ定食(全品850円)が豊富で、中でもエビチリ定食がおすすめ。
エビもたっぷりで唐揚げ、デザートまで付いたボリューム満点の定食です。
プリっとしたエビチリはご飯によく合います。

他に麺類セット、丼セットなども豊富に揃うので色々と試してみるのもおすすめです。

3.明養軒

深草でアットホームな中華といえば明養軒。ラーメンやワンタンメン、焼きそばなどの麺類と一品料理が充実しています。常連は日替わりランチ(780円)のオーダー率高し。

こちらはミニチャーハン(500円)ですが、十分ボリュームがあります。
パラっとしていて玉子がたっぷり。セットになっているスープが美味しい。

ちょっと珍しい肉団子のから揚げ800円。
肉団子を揚げることで外側をサクッと食感に。意外とあっさりで塩胡椒をつけていただきます。おつまみにもおかずにもなる不思議な一品。

餃子は7個入りで280円とリーズナブル。京都の餃子は6個入りと7個入りに大きく分かれていて、餃子を頼むとつい数えてしまう癖が。
皮が薄く中の餡の旨さがダイレクトに伝わる餃子です。

日本人の口に合う味わいで飽きのこない一軒です。

4.鳳麟

京都の中華を語る上で欠かせない「鳳」の文字。あっさりとして食べやすい京都風中華の礎を築いた高華吉氏のお店の1つ「鳳舞(閉店)」の味を今も受け継ぐ中華料理店がいくつかあり、この「鳳」の文字を屋号に使われていることが多いのです。こちらの鳳麟もその一つ。このあたりの詳細は「京都の中華(姜尚美著)」という本に書かれていますので気になる方は読んでみて下さい。

こんなのぼりを見た日には吸い寄せられるように入店してしまいます。

店内は広々としているので、グループ利用にも向いています。

名物ニラ春巻1000円。京都の中華の春巻きといえばこのビジュアルを思い浮かべる方も多いと思います。サクッとした皮と中にぎっしり詰まったタケノコが特徴的。

こちらは珍しい担々炒飯750円。
余談ですが、坦々麺、担々麺と書き方が混在していますが、昔中国で担いで売り歩いていたことが由来なので、「担ぐ」の文字を使っている担々麺が正しいそうです。
ネギのシャキリ食感を残しつつ、ピリ辛がいいアクセントになっています。

深草エリアで京都風中華を味わうならこちらがおすすめです。

5.餃子専門店 福吉京都本店

深草エリアの餃子専門店といえばこちら福吉。餃子の餡の種類、皮の薄さなどオーダー可能で豊富な餃子メニューが揃う餃子好きにはたまらないお店です。

師団街道沿いの分かりやすい立地。

まずは薄皮焼餃子(海老)380円から。パリッとジューシーで食べ慣れた味わいです。

お次はもっちりした皮が特徴の焼餃子(肉)340円。
本場中国と同じ厚めの皮で中のジューシーさを逃がしません。

水餃子も同じく厚めの皮で。
具材は肉、セロリ、ニラ、ピーマン、海老から選べるのですが、全てを盛り込んだ5種盛りセット480円がおすすめ。一個ずつ違う味わいを堪能できます。

こちらは名物炊き餃子(780円)。
圧力鍋で3時間じっくり炊き上げた熟成鶏白湯スープの中に薄皮肉餃子と薄皮海老餃子が3個ずつはいっています。

鶏の旨味がしみ込んだ絶品餃子。
ラーメンを入れても美味しそうなスープです。

他にも揚げ餃子やねぎ塩餃子、餃子定食(590円)など豊富な餃子メニューが揃うので餃子好きにはたまりません。

ということで今回は深草エリアの中華を巡りました。名店の味を受け継ぐ京風のお店、本場中国の味を再現したお店、餃子に特化したお店などそれぞれに個性を持つ中華料理店が点在している深草エリアはやはり面白いですね。
そして、実は夜の酒場も穴場が多い魅力的なエリアなのでまた機会があればご紹介したいと思います。
それにしても、深草エリアを食べ歩いていると結局龍大の学食が食べたくなってしまいますね…

一軒目 中国料理 西海
京都市伏見区深草キトロ町33-7
二軒目 中国料理 新華
京都市伏見区深草今在町家1-18
三軒目 明養軒
京都市伏見区深草祓川町24-3
四軒目 鳳麟
京都市伏見区竹田久保町62-1-2
五軒目 餃子専門店福吉京都本店
京都市伏見区深草西浦町5-10

※価格等の情報は取材当時のものです。

細井 悠玄

ほそい ゆうと

ニュースサイト京都速報編集長

龍谷大学法学部卒業後、本と京都が好きという理由で2002年地元の出版社に就職。グルメ情報を中心に扱う月刊誌の営業・制作を経て、2014年に京都初の男性版情報誌の編集長として創刊を担当。渋酒場、ネット未掲載の名店、一流シェフの最後の晩餐飯、など「使える街のネタ」を特集し地元京都の書店で3号連続ベストセラーを達成。その後、後任に編集長を譲り独立。「ニュースサイト京都速報」を立ち上げ取材の日々を過ごす。