記事トップ

脳が欲しがる、あまーい誘惑 ~ ショートケーキの真実 ~
  • EAT&DRINK
  • 2018.07.11

脳が欲しがる、あまーい誘惑 ~ ショートケーキの真実 ~

ショートケーキって甘くて美味しくて、食べると本当に幸せな気持ちになります。ショットケーキってどうしてこんなに美味しいと感じるのでしょうか?そもそも私たちは、何故甘いものを食べたくなるのでしょうか?それには、脳のかしこい戦略がありました。

甘い=エネルギー

砂糖などによって舌が感じる「甘い」という感覚は、その食べ物に「エネルギーが含まれているよ」という信号です。
糖分は血糖を維持して、生命を保つために大切な要素であり、脳にとっては唯一のエネルギー源でもあります。甘いものが美味しいと感じられるのは、脳が自分にとって必要なエネルギーを効率よく摂取させようとする、うまい戦略なのです。

食べるべきか食べざるべきか?

甘くて美味しいショートケーキ、脳が欲しがっているからといって、毎日食べるには、ちょっと危険な存在です。
三角形にカットされたショートケーキひときれ(約100g)には、おおよそ350kcal近いエネルギーが含まれています。ペロリと平らげてしまうショートケーキですが、消費するには結構時間が必要です。
体重50kgの女子高生が、おやつにこのショートケーキを食べたとしましょう。消費するためには、ジョギングだと約55分、ウォーキングだと100分以上の運動が必要になってしまいます。

そもそも体は貯金体質。あまったエネルギーは無駄遣いせず、大切にとっておこうとします。エネルギーを消費せずに貯金し続けたとしたら…言わずもがなですね。
美味しいおやつは、運動とセットにして散財するのが得策!食べるべきか、食べざるべきか…いえいえ、食べることは喜びです。大いに食べましょう、そして後悔しないように運動も忘れずに!

山崎 英恵

山崎 英恵

やまざき はなえ

龍谷大学農学部食品栄養学科准教授、博士(農学)

大阪府出身。専門分野は食品科学、栄養化学。京都大学大学院農学研究科食品工学専攻博士課程修了、2012年度京都大学(連合)農学研究科(研究院) 研究員を経て、2015年度から現職。